空き家を活かすシステムの空き家バンク

不動産

空き家を活かすシステムの空き家バンク

空き家という不動産は、地域や条件などのよっては、ずっと空き家のままということがあります。
特に地方においては若い世代は、進学や就職などの転機に、都心へと出ていくケースが多いです。
住まいも親から引き継ぐことなく、そのまま地方には戻らないで、使われなく家が多くなります。
世帯数よりも住宅件数の方が、すでに1968年には上回ったため、割合的にはさらに空き家は増加です。
地域の活性化のためにも空き家を活かすために、編み出されたのが空き家バンクの制度になります。
地方公共団体のホームページなどで、空きや物件情報を提供をするのが、空き家バンクの仕組みです。
行政側としてはホームページや広報誌などで、地元の人たちから広く空き家情報を集めて、交流希望者や移住希望者の人向け物件を提供しています。
全国的に認知度が高まったのは近年ではありますが、空き家バンク制度はすでに20年以上前からあった制度です。
世の中の交流や移住のニーズが高まった現代では、空き家バンクに着目をする人も多くなっています。