不動産投資での外国人の動向と状況

不動産

不動産投資での外国人の動向と状況

不動産投資では、日本の場合どうしても国内だけを見ている場合が多くなります。
少子高齢化で需要が落ち、不動産物件がこれからは売れなくなるという予測が多いですが、外国人の投資が入ってくると話は別になります。
国境を越えて、お金の流れが動着やすくなっている現在では、国内の動きだけを見ていると、理屈に合わない動きをするということも起こります。
日本人は今までの日本国内の状況で不動産物件を見ていますが、海外の投資家の場合は、視点が違ってくるこということもあります。
海外の投資家の場合は、日本にマイホームを購入するわけではなく、純粋に投資として不動産物件を購入します。
地価が大幅に下落した時に、外国の企業が底値で購入していたという話もよく聞きましたが、世界中の投資先を探している投資家は、状況が良ければ日本の不動産でも投資をします。
それぞれの事情で最も有利なタイミングで投資をするということになるので、外国人の投資動向も不動産投資では重要になります。